ディレクト・データ

データ分析でできること

About Data Analysis

データ分析で経営を進化させる

データ分析を行うと、データが示す事実に基づいて経営やマーケティングの意思決定を行うことができます。
経験や勘に左右されることなく客観的な判断を行えるため、意思決定の最適化やスピードの向上を実現できます。

分析に利用するデータは購買データや来客データ、アンケートデータなど多岐に渡ります。
特にマーケティング領域では、ターゲットボリュームの推定やアンケートに基づく顧客理解、最適な価格設定や広告費など、様々な形でデータ分析が役に立ちます。

私たちディレクトデータは、データに基づいて皆様の経営の意思決定やマーケティングをサポートしていきます。

データ分析の方法

私たちは統計的な手法やAIを用いた解析、経営の専門知識に基づく分析を行い
投資やマーケティングの最適化を実現することで、事業成長率を高めていきます。

市場調査・経営分析

定量的なデータだけではなく、競合企業の活動状況や消費者の生活習慣等、市場の環境のあらゆる情報をまとめて整理致します。 会社の状況に合わせて、SWOT分析やSTP分析、3C分析、PEST分析といった経営の専門知識に基づく分析も致します。

テキストマイニング

自由回答で取得したアンケートデータや、クレーム情報データ、口コミ情報データなど通常の情報だけでは扱いにくいデータを合理的な手法により解析を行うことで、客観的な解釈・知見を得ることがが出来ます。

Twittr等のSNS情報を解析して、最新のトレンドを追う事も可能です。

変量解析・多変量解析

定量・定性データについて中央値やばらつきなどを分析していきます。
データが複数種類ある場合は、データ同士の相関性なども同時に分析を行います。
分析を通して得られた示唆を活かすことで、ビジネス変革のヒントを見つけていきます。

仮説検定

現状あるデータや事象から仮説を導き、その仮説の検証やモデルの確からしさの検定を統計的に行います。
検定を行うことで精緻なモデルを構築し、より効果的な戦略や施策を選択することを実現していきます。

回帰分析・重回帰分析

複数の説明変数を用いて、目的変数を予測するモデルを作成するための分析方法です。 各々の説明変数の影響度を算出することで、効果的な戦略や施策などを明らかにすることもできます。

なぜデータマーケティングが重要なのか?

そもそもマーケティングはセンスの世界だと思っている方は多いのではないでしょうか?

もちろん、マーケティングには「売れるキャッチコピーを考える事」「魅力的な広告を作る事」等も含まれており、
これらにはクリエイティブな力が必要です。

ですが、それらは「正しい方向」に向いていて初めて役に立つ事です。

あなたのビジネスは「正しい方向」を向いて進んでいますか?

私たちディレクト・データは
データ分析に基づいて皆様が正しい方向に向かって意思決定を行っていけるようにサポートさせていただきます。

データであなたのビジネスをもっと自由に。